Childaid Network:積極的な質の高い教育
Childaid Networkとは?

教育は自分で決定する未来への鍵、そして貧困と戦うための有効な手段です。 Childaid Network団体は、アッサムの産地インド北東部やネパール、バングラディッシュ、ミャンマーなど、南アジアの恵まれない子供たちが十分な教育を受けられるよう尽力しています。子供たちの自立を促進し、地域の経済的また社会的状況を改善するために、自らの力で権利を実現できるよう支援することに焦点を置いています。

Childaid Networkの活動内容:積極的な質の高い教育

インド北東部は世界で最も貧しい地域の一つであると考えられています。そこでは、ほとんどの大人が文字を読むことも書くこともできません。2012年からインドでは義務教育が始まりましたが、約3分の1の子供は学校に行けず、また中退率も非常に高く、教育の質が問題化されています。
現在行っているプロジェクト“積極的な質の高い教育”を通して、Childaid Networkでは、インド北東部の教育システムを改善し、貧困や病気と闘いたいと考えています。このプロジェクトの出発点は、子供たちだけでなく、親、そして教師に質の高い教育の重要性を理解してもらい、教師の更なる指導に力を注ぐことです。

教育は自分で決定する未来への鍵、そして貧困と戦うための有効な手段です。Childaid Network団体は、アッサムの産地インド北東部やネパール、バングラディッシュ、ミャンマーなど、南アジアの恵まれない子供たちが十分な教育を受けられるよう尽力しています。

新型コロナウイルスの影響で、Childaid Networkの活動は困難な状況にあります。
コロナ禍における活動:50,000人の子供や若者たちのために

新型コロナウイルスの影響で、Childaid Networkの活動は困難な状況にあります。Childaid団体は通常はプライマリ・ケア(健康上の問題に対する保健医療福祉機能)の支援はしていませんが、新型ウイルスへの国の補助が欠けているため、現在この分野にも関与しています。教育活動の継続には特に力を注いでいます。

  • 自宅でできる小さな子供向けの工作・教育パッケージ
  • 小学生の少人数制の授業の再開
  • 施設や家庭にいる子供たちへのホームスクーリングの支援
  • 専門学校生の一部活動の再開 例)マスクの縫製など
  • デジタル教育手法が利用できるようにするためのインターネットの開通と電力供給

© Copyright 2021 Otti Boeki Co., Ltd. All Rights Reserved.